足裏の声続き

2021年01月24日 08:13
カテゴリ:ヒーリングのお話


ここから読む方はひとつ前の記事を読んでね。


さて、お客様様の足裏に到達する前に
消化器系の「貴重なご意見」
伝えするはめになり


その後も骨盤さんからの「ご提案」を経て
やっと足裏さんのリーディングに。


痛めた右足裏さん
「この方ね、計画性がないんですよ」


「昔は勢いで無茶できたかもしれない 
ううん、私達足の筋肉や腱が
凌ぎを削ってきたって言い方が近いかな」


「年とともに心の柔軟性は高いけど
身体全体はカチカチでしょ


そんなんで急なジョギングされたら
そりゃ無理ってなりますよ
足の裏の土台支える足底筋が
悲鳴あげてまうわ



「感謝、計画性、柔軟性って教えたって」


お客様はもうすぐ44歳。
足の裏の声をお伝えすると
うん、うん、と頷かれる。


聞けば、お客様は焦りやすく
なんでもすぐに飛び付く
衝動買いする性格なんだそうで。


ホントに人体って面白い。
持ち主のこと、よーく解ってる。
極限まで無茶な行動に寄り添ってくれる。 
とても愛しい、細胞の集まり。


リーディングを通して
私も身体を楽にさせてあげる生き方を
もっと意識しようと思うのでした。

Eさん、ありがとうございます。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)