安楽死について

2021年05月18日 14:21
カテゴリ:ペットのお話


昨日、自宅から見た夕陽は
雲間からとっても眩しい光がさしていました。


人や動物が亡くなって
この世を離れ空に向かう時は
こんな光なんだろうかと感じながら
お客様の飼っていたワンちゃんを思い出しました。


数年前に病気により
安楽死という選択をされた
飼い主さんからのご依頼でした。


いまだに安楽死という選択をしたことを
苦しく感じているとお話されました。


その当時の状況ではきっと
安楽死が動物にとって最良の選択と
わかっていても


とてつもない葛藤を抱え
その選択をするのならば
自分も一緒に死にたいと切望したと
飼い主さんはおっしゃってました。


もし、ご自身の飼っているペットが
まだまだ元気な方は 


是非一度、元気なうちに考えてみてください。


もし自分の愛するペットが
悲しくも安楽死という選択が
最良な状況になったとしたら
どういう考えや選択をしていくだろうか。


家族の方とも話してみる機会を
設けてみてくださいね。


元気なうちだから
じっくり考える時間があるのです。

記事一覧を見る

powered by crayon(クレヨン)